脱毛テープ

脱毛テープ

脱毛テープとは、脱毛したい部分に貼って
テープを剥がすことで毛を抜くというものです。
比較的入手できるムダ毛処理グッズです。

 

 

 

私は、中学生のときに、腕とヒザ下に
ガムテープを貼って剥がして脱毛した
ことがあります。

 

 

しかも、布ガムでした。

 

 

布ガムテープ

 

安いからといって、布だろうが、
紙だろうが、ガムテ―プでは
脱毛しないようにしましょう!!

 

 

抜けはしましたが、まばらに毛が
残っていました。
もちろん、めちゃくちゃ痛いですし、
肌も荒れて、埋没毛もできました。

 

 

ガムテープと脱毛テープは違うのは
分かっているのですが、どうも、
このガムテープ脱毛の経験から、
脱毛テープは使う気にはなれませんでした。

 

 

個人的には、テープを剥がすことで、
皮脂膜も取り除いてしまい、とても
肌には悪いのではと思っていました。

 

 

モノにもよるのでしょうが、肌にはくっつき
にくく、毛にはよくくっつく粘着剤を使用
して
いるので、肌にはあまり負担がかからないように
なっているようです。

 

 

 

脱毛テープで処理すると、次の毛が生えて
くるまでの期間は3週間から1月くらい
目安です。

 

 

貼って剥がすだけなので、スピーディに
ムダ毛処理を行うことはできるのが
脱毛テープのメリットです。

 

 

 

脱毛テープで上手に脱毛するコツ

 

ぜんぜん毛が抜けないというのも
見かけましたが、ただ単に貼って、勢いよく
はがせばいいかというとそうではないようです。

 

 

脱毛テープのコツ

 

  1. 毛は5ミリくらいまで伸ばしましょう。

    短すぎると効果がありません。

  2.  

  3. 脱毛部位にあったサイズを選びましょう。
  4.  

  5. 使用前に付属の取扱説明書を

    よく読みましょう。
    間違った使い方をして、毛が抜けない
    とうこともあります。

  6.  

  7. 入浴後の肌が清潔で、毛穴が開いた

    状態で脱毛テープを使うのがベストです。

  8.  

  9. 使用後は冷たいタオルなどでクールダウンして

    毛穴を引き締めましょう。
    そのままにしておくと、ばい菌が入って、
    毛のう炎といった炎症を引き起こす
    原因となってしまいます。

 

 

 

脱毛テープのデメリット

 

  1. 剥がすときに痛い。
  2.  

  3. 最低でも5mmは毛をのばす必要がある。
  4.  

  5. 埋没毛ができやすい。

 

 

比較的安価なムダ毛処理法ではありますが、
痛みがあるのと、埋没毛ができてしまうのは
いただけないですね。
あと、5mmものばさなければならないのは、
露出の多くなる夏には都合の悪い脱毛法ですね。

 

 

 

>>ディオーネの詳細はコチラ

 

 

 

>>家庭用脱毛器のページに進む