ハイパースキン脱毛と日焼けした肌

日焼けをしていてもできる?

ハイパースキン脱毛は日焼けを
していてもできるのでしょうか?

 

 

答えは、
日に焼けた黒色の肌でも全く
問題なく脱毛できます。

 

 

日焼けしていても脱毛ができる

 

 

日焼けした肌でも脱毛が可能な理由

 

従来のレーザー脱毛やIPL(光)脱毛では
日に焼けた黒色の肌はお断りされる
ことがほとんどでした。

 

 

それはなぜか?

 

 

従来のレーザー脱毛や、IPL(光)脱毛は
光を毛のメラニンに反応させることで
熱エネルギーに変えて毛根にダメージを
与えることで脱毛効果を発揮するものです。

 

 

 

日に焼けた黒い肌だと、光を照射した
ときに肌のメラニンにも反応して、
火傷の原因になったり、毛のメラニンに
十分反応させることができなくなります。

 

このため、レーザー脱毛やIPL(光)脱毛
ではカウンセリング時に日焼けをしない
ように注意されます。

 

 

 

一方、ハイパースキン脱毛は、毛の
メラニン色素に光を反応させる原理の
脱毛ではありません。

 

 

毛が生えていない状態である
休止期の発毛因子に光を
あてて消失させることで脱毛効果を
得るという脱毛法です。

 

 

よって、肌の色が黒かろうが白かろうが
効果のほどに関係がないのです。

 

 

 

日焼け-レーザー・光脱毛の場合

 

 

 

ハイパースキン脱毛の場合

 

 

 

ただし、激しく日焼けをした直後の軽い
火傷状態の肌は炎症が起こる可能性が
あるのでできません。

 

 

 

黒い肌の人向け医療レーザーマシン

 

医療レーザー脱毛マシンのほとんどは、
白人をターゲットに開発されたもが
ほとんどです。

 

医療レーザー脱毛は色白で、毛が濃い
人に向いています。

 

 

しかし、医療レーザーのマシンの中でも
黒色の肌にも適したものがあります。
YAGレーザーは、レーザーの中でも
最も波長が長い脱毛マシンで、黒人の
脱毛にも使用されおり、色黒の方の
脱毛には適しています。

 

 

 

それでも、レーザー脱毛なので
痛みというネックがあります。

 

また、産毛のようなメラニンが少ない
毛には反応しにくいという難点が
あります。

 

 

 

 

あなたなら、日焼けをしていても火傷の
心配がない脱毛と、日焼けをしていると
火傷をするかもしれない脱毛だと
どちらを選びますか?

 

 

 

 

 

AFタグ

 

 

 

>>アトピーでも顔脱毛はできる?のページに進む