基本のレーザー脱毛マシン

基本のレーザー脱毛マシン

レーザー脱毛では基本の3種の脱毛マシンを
押さえておくといいでしょう。

 

 

アレキサンドライトレーザー
ダイオードレーザー
ヤグレーザー

 

 

大きな違いは、波長の長さです。

 

 

アレキサンドライトレーザー・・・755nm
ダイオードレーザー・・・810nm
ヤグレーザー・・・1064nm

 

 

 

アレキサンドライトレーザー

レーザー発振物質としてアレキサンドライト
という人造宝石が内臓されています。
レーザー脱毛マシンの中でも有色人種に
向いているマシンです。。

 

 

キャンデラ社のGentleLASE(ジェントル
レーズ)が有名です。

 

 

レーザー脱毛の中でも、安く脱毛できますが、
痛みはかなり強いマシンです。

 

 

 

ダイオードレーザー

半導体を使ったレーザー脱毛マシンです。
レーザーが苦手な産毛にも脱毛効果を
発揮し、太い毛の男性のヒゲの脱毛まで
幅広く使用されてきました。

 

 

ルミナス社のLight Sheer(ライトシアー)は
1999年に『永久減毛』として世界で初めて
FAD(アメリカの厚生労働省のようなもの)
から承認を受けました。
現在もアレキサンドライトと同様に高い
シェアを誇っています。

 

 

 

ヤグレーザー

波長が1064nmと最も長く、皮膚の深部まで
根付いた、男性のヒゲといった剛毛にも
効果的です。
皮膚表面のメラニンにへの反応が弱いので
日焼けした肌や黒人の方の脱毛にも適して
います。

 

 

 

最近では、毛質や肌質に合わせて脱毛が
できるように、アレキサンドライトと
ヤグレーザーを組み合わせたマシンや
ダイオードレーザーと高周波をの二つを
合わせたマシンも登場しています。

 

 

 

>>脱毛マシン① ライトシェア・デュエットのページに進む