中途解約

中途解約

契約後8日以内であれば、契約解除
通知書の送付でクーリングオフ(解約)が
適用になり、契約した料金全額の払戻が
可能です。

 

 

中途解約

 

 

 

しかし、なんらかの理由で施術は受けて
いないけど、契約後8日過ぎてから解約
したいということもあるでしょう。
また、施術を何回か受けてからトラブルや、
個人的な事情で脱毛サロンを解約したい
ということもあると思います。

 

 

契約から8日を過ぎてしまうと
解約はできないのでしょうか?

 

 

解約はできます。
しかし、クーリングオフではなく、
中途解約というカタチで
解約ができます。

 

 

 

中途解約の場合は、違約金が発生します。
中途解約の違約金は、残りの回数分の
料金の10%に当たる金額で、上限は2万円
までと法律で定められています。

 

 

そして、中途解約では3パターンを
抑えておく必要があると考えています。

 

  1. 施術前の中途解約

    ※全脱毛サロン共通

  2.  

  3. 施術を受けた後の中途解約

    ※銀座カラー以外

  4.  

  5. 施術を受けた後の中途解約

    ※銀座カラーの場合

 

 

パターン別、中途解約の際の払戻額の
計算方法は下記の通りです。
ディオーネのコースを例に説明します。

 

 

1.施術前の中途解約

 

<公式>
支払総額-違約金(2万円)

 

この2万円は法律で定められている
違約金の上限額です。

 

支払総額がいくらでも、施術前の
中途解約であれば、違約金は一律
2万円です。

 

 

下記CASE1でシュミレートしてみます。

 

CASE1

 

顔全体12回コース・6万円

 

支払総額→6万円

 

受けた回数分の施術料→0円

 

違約金→2万円

 

 

返金額→6万-2万=4万円

 

 

2.施術後の中途解約(銀座カラー以外)

 

<公式>
支払総額-(受けた回数分の施術料+違約金)

 

違約金は、残りの回数分の施術料の
10%で2万円を超えると2万円が適用
されます。

 

 

下記、CASE2では、違約金が2万円を
超えない場合を、CASE3では、違約金が
2万円の場合をシュミレートしてみます。

 

 

CASE2

 

顔全体12回コース・6万円を4回で解約

 

支払総額→6万円

 

1回あたりの料金→5,000円

 

受けた回数分の施術料→5,000円×4回=2万

 

残り回数分の総額→6万円-2万円=4万円

 

違約金→4万円×10%=4,000円

 

 

<返金額>
6万-(2万+4,000円)=36,000円

 

 

CASE3

 

全身脱毛12回コース・36万円を2回で解約

 

支払総額→36万円

 

1回あたりの料金→3万円

 

受けた回数分の施術料→3万円×2回=6万円

 

残り回数分の総額→36万円-6万円=30万

 

違約金→30万×10%=3万円→2万円
※上限の2万が適用

 

 

<返金額>
36万-(6万+2万)=28万円

 

 

 

3.銀座カラーの施術後の中途解約

 

銀座カラーの中途解約に限っては
注意が必要です。

 

 

返金額の公式は、2.と同じです。

 

 

注意しなければならないのは、
6回を超えるコースであっても、6回の
コースとして計算されます。

1回あたりの施術料金も6分の1として計算
されるのです。
つまり、返金額が少なくなるのです。

 

 

また、6回以上の施術を既に受けていた
場合は中途解約はできますが、
払い戻し金は0円ということになります。

 

 

分かりやすくするために次のCASE4では、
上記CASE3と同じコースでシュミレート
してみます。

 

CASE4

 

1回辺りの施術料→6万円

 

受けた回数分の料金→6万円×2回=12万円

 

残り回数分の総額→36万円-12万円=24万円

 

違約金→2万円(2万越えのため)

 

 

<返金額>
36万-12万-2万=24万円

 

 

CASE3の銀座カラー以外の脱毛サロンの
場合だと、28万円が返金されるのです。
銀座カラーだと4万円も返金額が少なく
なるのです。

 

 

銀座カラーで6回を超えるコースを
契約する際は、クーリングオフが適用となる
8日間に頭を冷やしてよーく考えなければ
なりませんね。

 

 

また、脱毛ラボなどの月額制のコースの
場合は、受けた分をその都度支払っていく
形式のため、中途解約をしても返金は
されません。

 

 

契約する際は、ムダ毛から解放されることに
意識がいってしまいがちで、解約のシステム
については、ついつい見落としてしまいます。
銀座カラーのようなシステムも存在しますから、
解約のことも頭に入れておきましょう。

 

 

 

 

 

>>ディオーネの詳細はコチラ

 

 

>>昔はあんなに高かったのに…脱毛が劇的に安くなった理由のページに進む