フェイス脱毛をするメリット

顔脱毛(フェイス脱毛)するメリット|顔のムダ毛にまつわる痛ーい経験

顔のムダ毛にまつわる痛ーい実体験

 

体の部位の中でも、
最も人に見られる部位・・・

 

それは、ですよね。

 

だからこそ、女だからこそ、ヒゲの処理は
キチンとしているつもりでした。

 

昔、3連休をゴロゴロ過ごし、夜更かしして
火曜日の朝、寝坊してしまいました。

 

当然、朝の支度は大急ぎなわけです。

 

一応は、ヒゲも剃ったつもりでした。

 

しかし、チェックが甘かった・・・

 

職場の仲のいい同僚の子と喋っていると、
その子がどうやら、話ながら私の鼻下のほうを
ジーっと見ているではありませんか。

 

後で、鏡で見てみると、3,4本ほど濃いめの
ヒゲが剃り残しがあるではありませんか!

 

ガビーン・・・

 

昼休みに速攻でカミソリを買いに行き、
剃りました。

 

幸いだったのは、男の人に見られなかった
ことです。

 

 

それからというもの、剃りもチェックも
念入りになりました。

 

それでも人と喋る時は、剃り残しがないか
不安がいつも、よぎっていました。

 

 

でも、ディオーネで脱毛した今では、
剃ることもチェックも不要ですし、
人と喋る時も、このような不安も
全くありません。

 

 

本当にラクですし、安心して人との
会話を楽しめています。

 

 

フェイス脱毛のメリット

 

特に女性で顔にムダ毛があると、
男性からはどん引きされてしまいます。

 

 

顔のムダ毛は要チェック

 

 

よって、顔のムダ毛の処理は毎日する
必要があります。
とても面倒です。

 

 

おまけに、カミソリや毛抜きを使った
自己処理は肌を痛めたり、埋没毛
原因となってしまいます。

 

 

 

フェイス脱毛をするメリット

 

  1. 毎日の処理やムダ毛チェックの煩わしさ

    から解放される。

  2.  

  3. 剃り残しを気にする必要がなくなる
  4.  

  5. 自己処理によって肌を痛めることが

    なくなる。

  6.  

  7. 埋没毛ができなくなる。
  8.  

  9. 毛がなくなったことにより、肌のトーン

    が明るくなり化粧ノリもよくなる。

  10.  

  11. ポジティブになれる!!

 

実際、肌のトーンは毛がなくなったぶん
白くなった印象を受けますが、
化粧ノリが良くなった実感はあまり、
ないですね。

 

個人差があるのでしょうけどね。

 

 

恋愛や対人関係にも影響を及ぼす顔のムダ毛

 

ほとんどの方が毎日人と接している
のではないでしょうか?
顔にムダ毛があっては、みっともない
上にずぼらな人という悪印象を与えて
しまいます。

 

 

 

第一印象はその後の人間関係左右
すると言われるくらい重要なのです。

 

 

 

もちろん、一番大事なのは内面
です。

 

 

しかし、いくら美人で、内面も素敵な人
であったとしても、初対面で鼻下に
ムダ毛があっては、女として見て
もらえなくなってしまいますよね。

 

 

 

そして、なによりも残念なのは、
一番大事な内面をみてもらえなく
なってしまうこと
です。

 

 

恋愛的には大敗北です・・・

 

 

顔のムダ毛は恋愛を大きく左右
する
といっても過言ではありません。

 

 

 

自己処理はNG

 

みっともないからといって、毎朝の
お化粧の時は、必ずムダ毛のチェックを
して、カミソリや毛抜きで自己処理を
しているひとは多いはずです。

 

 

その結果、肌や毛穴を傷つけて雑菌が
繁殖してしまい、ニキビができるなど
肌荒れの原因にもなってしまいます。

 

 

では、どうすべきか?

 

 

それは、顔の脱毛をすることです。

 

顔の脱毛は、自己処理よりは、
お金はかかります。

 

しかし、肌トラブルを起こすことがなく、
永久ではないにしても、毛がない状態を
長期的に保つことができます。

 

 

自信を持てることが最大のメリット

 

顔の脱毛をしてしまえば、
様々な煩わしさから解放されます。

 

顔脱毛に限らずですが
自分に自信がもてて、
前向きになれる

ことこそが、一番大きな収穫です。

 

 

自信をもつ

 

 

顔脱毛だからこそ、美肌で脱毛をする
ことが求められます。

 

火傷や色素沈着を起こしてしまっては
自信をもてるどころか、逆に自信を喪失
してしまいます。。

 

 

 

フェイス脱毛だからこそ、
脱毛サロンは厳選しなければ
ならないのです。

 

 

 

 

 

AFタグ

 

 

 

>>自己処理がよくない理由のページに進む