摩擦と体毛

摩擦と体毛

体毛に関してふと思い出したことが
あります。

 

 

 

だいぶ昔ですが、テレビのトーク番組の
ゲストで福山雅治さんが出演してました。
その時に福山さんが話していたことです。

 

 

 

福山さんは、材木屋で働いていたそうです。
このときは芸能活動されていたのかは
不明ですが・・・

 

 

 

毎日のように材木をかついで運ぶわけです。
材木をかつぐと、材木が二の腕に接触し
摩擦が生じます。
ある時、二の腕をみたら、材木を支えている
ところに毛が数本生えていたそうです。

 

 

 

どれくらい、続けていたのか、一日どれくらい
材木を運ぶ作業をやっていたかは不明ですが
週に5日はやっていたのではないでしょうか。

 

 

 

ほぼ毎日、同じ部分に、摩擦が生じることで
体は、肌が傷つくと察知して、肌を守るために
毛を生やした
のだと考えられます。

 

 

毛深くなっている

 

 

ムダ毛が生えてくるのは嫌な反面、
自己防衛のために生えてくるというのには、
感心します。

 

 

 

きれいな空気の田舎に住んでいたのに
空気の汚れた都会に住むようになって、
鼻毛が増えて鼻から出てくるように
なったというのを聞いたことはありませんか?

 

 

 

これも自己防衛のために毛が生えて
きたのです。
体内に異物が入らないようにする
フィルター機能をより高めるために
鼻毛が増えて伸びてきたわけです。

 

 

 

摩擦を与えることで、毛が生えてくる
だけではありません。

 

濃くなることもあります。

 

男性がヒゲを毎日電動シェーバーで
剃るのも毛が濃くなる原因になります。

 

 

 

電動シェーバーは、振動が生じるので
カミソリよりも、かなりの摩擦と
肌への負担をかけてしまうのです。

 

 

 

これは、私個人の推測なのですが、
医療レーザー脱毛や光脱毛で産毛の
脱毛をしたときに起こる、硬毛化
増毛化は、ひょっとしたら、自己防衛
本能によるのではと・・・

 

 

硬毛化した毛が脱毛しにくくなるのも
皮膚を守るためなのでは・・・と考えると
納得いきませんか?

 

 

 

もしも、毛が生えていなかったところに
一部分だけ毛が生えているのを発見したら
何か継続的に刺激を与えているような
生活習慣がないかを考えてみましょう。

 

 

 

>>ディオーネの詳細はコチラ

 

 

 

>>ミノキシジルで毛深くなる?のページに進む