家庭用脱毛器

家庭用脱毛器

自宅で脱毛ができる家庭用脱毛器の
効果はあるのでしょうか?

 

 

家庭用脱毛器で有名なのが、ケノン
トリアです。
ケノンがフラッシュ脱毛器で、
トリアがレーザー脱毛器です。
ケノンが脱毛サロンの自宅版で、
トリアが医療レーザー脱毛の自宅版と
考えるとイメージがつきやすい
かもしれません。

 

 

 

素人が自宅でも使えるくらいに出力を
落としてあるのが家庭用脱毛器なのです。
よって、それなりに毛は抜けるみたい
ですが、ムダ毛の再生は、医療レーザーや
サロン脱毛よりも早いようです。
また、出力は弱くても、火傷することもある
ようです。

 

 

 

この二つの脱毛器の詳細をまとめて
みました。

 

機種名

ケノン

トリア

光種別

フラッシュ

レーザー

本体価格

98,000円

49,800円

カートリッジ交換

不要

メリット

ほうれい線などにも効果がある

らしい。

FADの認可がとれている機器

デメリット

本体もかなり高額である上に

カートリッジが必要なため、
ランニングコストがかかる。

照射範囲がフラッシュ脱毛器の

7分の1で時間がかかる。
重くて扱いづらい。

 

 

値段がフラッシュのケノンほうが
高いのは驚きでした。
さらに、カートリッジ交換が必要なため、
ランニングコストもかかります。
痛みはそれなりにあるようです。
家庭用脱毛器であればトリアのほうが
よさそうです。

 

 

 

トリアは、FADの認可が下りています。
このFADとは、日本でいう厚生労働省の
アメリカ版の機関です。

 

 

 

家庭用脱毛器のメリットといえば、
VIO脱毛をサロンや医療機関でするのが
恥ずかしい人にとっては、誰にも
見られることなく処理できるという
ことではないでしょうか?

 

 

 

ただ、火傷をすることもあるのを
考えると、顔脱毛はやめておいたほうが
いいと思います。
うなじの脱毛も誰かにやってもらう
としても、形はヘアサロンや
シェービングサロンで整えてもらう
必要があります。

 

 

 

>>ディオーネの詳細はコチラ

 

 

 

>>糸脱毛のページに進む