クーリングオフのやり方

クーリングオフのやり方

契約後、よ〜く考えて一定期間内であれば、
契約の解除が出来るという消費者にとっては
とてもありがたい制度であるクーリングオフ。

 

 

どのような契約でもクーリングオフが
できるかというと、そうではありません。

クーリングオフすることが出来る契約にも
条件があります。
以下の条件に当てはまる契約がクーリングオフ
できるものです。

 

 

【クーリングオフの条件】

 

契約から8日以内
サービス提供期間が1ヶ月以上に及ぶ
料金が5万円を超えるもの

 

 

クーリングオフのやり方

契約解除通知書を書面にて郵送すれば簡単に
クーリングオフは成立します。
契約解除通知書には、決まったフォーマットが
ないので、自分で手書きなり、PCなりで作成
する必要があります。
契約解除通知書の書き方は次の通りです。

 

クーリングオフのやり方

 

 

郵送する際にポイントがあります。
内容証明郵便で郵送することです。

 

 

内容証明郵便とは

郵送する手紙を一部コピーし、コピーを郵便機関で
保管してもらうということです。
今回のクーリングオフでいうと、契約解除通知書を
コピーし、郵便機関で保管してもらいます。
郵便物の消印が契約から8日まで有効です。
よって、速達で送る必要はありません。

 

 

 

普通郵便で送ってはダメ?

普通の郵便で送ってはダメなのでしょうか?

 

絶対にダメです。

 

 

なぜかというと、普通郵便で送ると、サロン側が
契約解除通知書が送られて来ていないと言い張れば
それまでだからです。

そうすると、契約解除はできるかもしれませんが、
既に料金を全額支払っていた場合は、全額返金して
もらうことは不可能になってしまいます。

 

 

内容証明郵便で送れば、どういった内容のものを
いつ送ったのかを郵便機関に証明してもらえるため、
サロン側が契約解除通知書が送られてきていないと、
とぼけることはできなくなります。

 

 

普通郵便よりも、郵便料金は数百円高くなりますが、
何万、何十万ものお金が返金される、支払わなくて
済むと思えば、かわいいものではないでしょうか?

 

 

>>ディオーネの詳細はコチラ

 

 

>>中途解約のページに進む