硬毛化

脱毛の副作用① 硬毛化

脱毛をする時に見落としてはならないのが脱毛をすると副作用が起こることがあるということです。

 

 

こういったデメリットも踏まえて脱毛は検討すべきなのです。

 

 

硬毛化とは?

頭髪やまつげ、腋毛や陰部の毛などの太くてしっかりした毛のことを
硬毛と言います。

 

逆に産毛のように細くて、柔らかい毛を軟毛と言います。

 

 

 

医療レーザー脱毛や光脱毛を行っていると、脱毛する前よりも毛が太くなったり、
長くなったりすることがあります。

 

この現象を硬毛化といいます。

 

 

硬毛化

 

 

この硬毛化は軟毛(産毛)が生えている部分で発症します。

 

  • うなじ
  • 背中
  • 二の腕
  • おなか

 

上記の部分が主に硬毛化を発症しやすい部位です。

 

脇や陰部などのもともと硬毛が生えている部分では、発症しません。

 

 

余談ですが、顔の硬毛化に関してヤフー知恵袋で
もみあげの脱毛をして硬毛化を起こしたという記事を
読んだことがあります。

 

光脱毛だったのですが、サロン側に訴えても、気のせいの一点張りで
しらばっくれられたというものでした。

 

ドクターサポートもない小さな脱毛サロンでしょうが、こういうのを読むと
従来の脱毛法で顔の脱毛は特に怖いなーと思いますね。

 

 

硬毛化の原因

今のところ、硬毛化の原因は究明されていません。

 

 

体質やホルモンバランス、弱い出力での度重なる照射により、
本来脱毛を目的のエネルギーが、毛の成長のためのエネルギーとして
働いてしまったのではと考えられています。

 

 

 

産毛が太く長くなることから、毛がレーザー等の照射により
成長が促進されたとの仮説が有力です。

 

 

しかし、硬毛化した毛は脱毛効果が出にくいことから、
レーザなどの照射により毛が抜ける力が弱ってしまったのでは
考えている医師もおられます。

 

 

ディオーネの元クリニックにお勤めだったスタッフの方にきいたところ、
レーザー脱毛は、火傷するくらいの高温でないと効果がないそうです。

 

 

しかし、最初から火傷するくらいの高温でレーザー脱毛をするのは難しく、
中途半端な温度で照射するから、硬毛化や増毛化
起こるのだそうです。

 

 

これは、個人的な憶測ですが、体の防衛本能
よるものではないかと思います。

 

 

摩擦を継続的に与えると毛が生えてくるのと同じように、
皮膚を刺激から守るために毛が濃くなったり増えたりするのでは
ないでしょうか?

 

 

硬毛化した毛が脱毛に時間が掛かるのも、
皮膚を守ろうとしているからなのではないでしょうか?

 

 

 

硬毛化が起こってしまったら?

 

もしも、硬毛化を起こしてしまったらどうすればよいのでしょうか?

 

 

3通りあります。

 

  1. 別のマシンで照射する。
  2.  

  3. 今までよりも高出力で照射する。

    (火傷のリスクが大きくなる!!)

  4.  

  5. 絶縁針脱毛
  6. 非常に痛い上に、費用も高額!!

 

 

硬毛化-4

 

 

硬毛化した毛にレーザーを照射して脱毛を続けるとなると、
効果が表れるのに1年から2年はかかると
謂われています。

 

 

クリニックによっては、硬毛化や増毛化が起こった部分の照射を
一年間無料でやってくれる医療機関もあります。

 

 

しかし、一年間で脱毛できればよいのですが、一年以上かかってしまった分は
有料での治療となってしまいます。

 

 

硬毛化した毛にも効果的なマシンが登場

医療脱毛界にも硬毛化した毛にも効果があるマシンが登場しました。

 

HAYABUSAとメディオスターNext Proです。

 

バルジ領域をターゲットとするため、従来のレーザー脱毛よりも
痛みが少ないタイプのマシンです。

 

月1くらいの間隔で最低でも5ヶ月ほどで脱毛が完了するようです。

 

しかし、最先端技術ですので、かなり高額となります。

 

大手の医療機関だと男性のヒゲの脱毛のみに採用してたりもします。

 

全身にこれらのマシンを導入している医療機関はまだまだ、ほんのわずかです。

 

また、目に近いおでこや、眉間の脱毛はできません。

 

そして、これらのマシンで硬毛化になる可能性が全くないかというと
そうではありません。

 

従来のレーザーや光脱毛よりは、可能性が低いというだけです。

 

万が一のことを考えると、高額ですし、産毛の脱毛はやめておいたほうがいいと
思います。

 

 

 

脱毛にスリルはいらない

 

とくに顔で硬毛化が起こったらたまったものじゃありません!!

 

脱毛しに来ているのに、毛が太くなってしまうなんて絶対に嫌です!!

 

 

しかも、、やってみないと硬毛化が起こるかどうかはわからないのです。

 

一か八かなのです。

 

 

顔の脱毛を考えているのなら、尚更博打な脱毛法では、
やってはいけません。

 

 

産毛の脱毛にいい方法とは?

硬毛化や増毛化が起こらない脱毛法があります。
ハイパースキン法です。

 

この方法は、高温を発しないので、このような副作用は
起こりえないのです。

 

私が顔の脱毛をするのに、ハイパースキン法を選んだのも、
硬毛化や増毛化が起こる心配がないからです。

 

 

 

AFタグ

 

 

 

>>増毛化のページに進む