レーザー脱毛

レーザー脱毛

レーザー脱毛はもともとは、シミの治療に
レーザーを使用していたところ、その部分に
生えていた毛が生えてこなくなったことから
始まった脱毛治療です。

 

 

 

レーザーには、光の波長の長さにより、
青・赤・黒といった特定の色や物質に
反応するという性質があります。

 

 

黒色に反応する性質を利用してホクロや
シミ、ソバカスなどに集中的にレーザーを
あてることで熱を発生させ、組織を
破壊することができます。
これを選択的光熱治療と言います。

 

 

 

レーザーを皮膚に照射すると、毛の
メラニン色素に反応して、光エネルギーが
熱に変わります。
レーザーの黒色に反応するという性質により、
表皮や毛の周辺の細胞を傷つけずに脱毛を
行うことが可能です。

 

 

そして、熱が毛全体や毛の周辺の組織に
伝わります。
その熱で毛を作り出す毛母細胞や、
毛の成長を促進させる毛乳頭を破壊して
脱毛効果を得るというものです。

 

 

レーザー脱毛

 

 

レーザーは、メラニン色素に反応するため、
メラニン色素の少ない産毛や、肌の深部まで
毛根が根付いている男性のヒゲは難しいと
されてきました。

 

 

現在は、脱毛機器も改良が進み、高周波を
使ったフォトRFやメラニンに反応しづらく、
深部にまでレーザーが届くヤグレーザー
といった機器も開発されて、レーザーが
不得意とする産毛や男性のヒゲにも
対応できるようになっています。

 

 

 

レーザー脱毛は、絶縁針脱毛同様に
医療行為にあたります。
よって、医療機関でないと、レーザー脱毛は
できません。
確かに出力が高いので、効果は出やすいです。
しかし、痛み・火傷や毛のう炎や、産毛の硬毛化・
増毛化のリスクが伴うのうが難点です。

 

 

 

>>ディオーネの詳細はコチラ

 

 

 

>>光脱毛のページに進む