ヒゲが濃い人と薄い人 違い

ヒゲが濃い人と薄い人の違い

男性でも、髭の濃い人と薄い人がいます。

 

これはなぜなのでしょうか?

 

遺伝といえばそれまでなのですが、もう少し掘り下げてみたいと思います。

 

 

 

髭は、男性毛という性毛であり、第二次性徴を期に男性ホルモンの
テストステロンの影響で生えます。

 

 

 

髭の毛乳頭細胞には、男性ホルモンレセプターというものがあります。

 

男性ホルモンは5α-リダクターゼという酵素によって
DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

 

このDHTと男性ホルモンレセプターが結合すると髭からIGF
という成長因子が分泌されて髭の成長が促進されるのです。

 

 

 

遺伝的に5α-リダクターゼや男性ホルモンが多めの人は、髭が濃くなるのです。

 

逆に少ない人は、これらが少なめであると言えます。

 

 

男性ホルモンであるテストステロンの分泌は20歳でピークを迎えると減少して
いく傾向にあると言われていますが、これも一概には言えないようです。

 

 

 

また、5α-リダクターゼは、髭や体毛を濃くする酵素なのですが、
逆に、頭髪に対しては、後退させる働きがあるので、ハゲが促進されます。

 

 

 

5α-リダクターゼが多めのタイプがやってはいけないのは、
脂っこいものを好んで食べることです。

 

体毛には、毒素を排出する働きがりますが、肉などを食べると、
過酸化脂質という毒素が形成されます。

 

 

 

この排出に一役買っているのが、髭も含めた体毛です。

 

5α-リダクターゼが多い人は、ハゲやすく体毛は濃い傾向にあり、
頭髪が減少すると毒素の排出先を補うべく、髭や体毛が
さらに濃く多くなるのです。

 

5α-リダクターゼが多めで肉をよく食べる人は薄毛やハゲの上に、
髭などの体毛が濃さが促進される傾向にあります。

 

髭の濃い人は、バランスのとれた食生活に気をつけましょう。

 

 

 

遺伝的なものは、コントロールするのは不可能です。

 

髭がコンプレックスで自分に自信が持てないという人は医療レーザー脱毛で
脱毛して解決するのが一番近道だと思います。

 

 

>>男性のヒゲ脱毛ならゴリラ脱毛のページに進む