生理中のハイパースキン脱毛

生理中は脱毛できる?

ハイパースキン脱毛は生理中は
できるのでしょうか?

 

 

答えは、
問題なくできます。

 

 

もちろんハイジニーナ脱毛は生理中は
避けなければなりませんが、VIO以外の
箇所であれば生理前、生理中でニキビが
できようが、全く問題がありません。

 

 

ディオーネなら生理のときもOK

 

 

しかし、従来のレーザー脱毛やIPL(光)
脱毛の場合、ニキビができていると、
顔の脱毛ができないこともあります。
生理前や生理中というのは、ニキビが
できるなど、肌荒れがひどくなる人も
いるのです。

 

 

このような人は生理が終わり、ニキビが
治るまで先延ばしになり、予約を
取り直すことになります。
人気のサロンや医療機関だと、予約が
かなり先になってしまうこともあります。

 

 

 

なぜ生理前や生理中はニキビが増えるのか
というと、排卵期になると、女性ホルモンの
一つであるプロゲステロンの分泌が
多くなります。
生理が来てから逆算して12~16日前
排卵期です。
このブロゲステロンは、別名ブスホルモンと
呼ばれています。
なぜこのような別名があるのかというと、
その名の通り、女性をブスにするホルモン
だからです。

 

 

 

このプロゲステロンは、皮脂の分泌を
活発化させる
働きがあります。
排卵から月経(排卵期)にかけてニキビが
できやすくなるのは皮脂の分泌が増えて、
アクネ菌が増殖しやすくなるからです。
メラニンの生成も促進させるので、肌に
シミができやすくなります。
だから、プロゲステロンは、ブスホルモンと
呼ばれるのです。

 

 

 

ハイパースキン脱毛であれば、生理前、
生理中にニキビや肌荒れが起こって、
脱毛が先延ばしになり予約を取り直して、
脱毛がスムーズに進まないといったことも
ありません。

 

 

 

 

 

AFタグ

 

>>妊娠中は脱毛できる?のページに進む