ミノキシジルと体毛

ミノキシジルで毛深くなる?

ミノキシジルとは一体どういったもの
なのでしょうか?

 

 

ミノキシジルとは、
頭髪の薄毛治療のために処方される薬
として処方されてます。

 

 

 

このミノキシジルですが、本来は血圧を
下げるために1960年代にアメリカで
開発されたお薬なのです。

 

 

 

ところが、ミノキシジルを服用した
患者の頭髪が増加したという報告が
続々となされたため発毛効果に注目が
高まったのでした。

 

 

このことから、発毛成分としての研究が
本格的に始まりました。
1980年代にはアメリカのアップジョン
社よりミノキシジル2%配合のロゲイン
という発毛剤が発売されました。

 

 

 

そして、ミノキシジルは、発毛効果の
ある成分として広く認知されたのも
この頃でした。

 

 

 

現在では、タブレットで服用したり、
さまざまな育毛剤などにも配合されています。

 

 

しかし、薄毛治療に効果がある
ミノキシジルには、なんと副作用が
あるのです・・・?!

 

 

頭髪が増加するのはいいのですが、
そのほかの手足やまつげなどの体毛も
増えてしまう
のです。

 

 

リアップ

発毛剤で有名なリアップ。
第一類医薬品に分類されており、
副作用や相互作用において、
注意を要するもので
販売は薬剤師に限られます。


 

 

なぜ、頭髪以外の体毛まで増えて
しまうのでしょうか?

 

 

ミノキシジルの本来の効果は、血管を
拡張させ血流を増加させて血圧を
下げることです。

 

 

 

体毛には、毛の根元の部分に毛乳頭
というものが存在します。
この毛乳頭は、毛母細胞に毛の成長に
必要な酵素や栄養素を血液から
取り込んでくれるところなのです。

 

 

 

毛乳頭は、毛の成長にとっては、
司令塔であり、このはたらきが悪い、
つまり、頭皮の血行が悪いと薄毛に
つながってくるというわけなのです。

 

 

ミノキシジル

 

 

ミノキシジルを服用することで、血管が
拡張されるて血流が増加すると、血行が
よくなります。

 

 

 

すると、毛乳頭のはたらきがよくなり、
たくさんの酵素や栄養素が毛母細胞に
取り込まれ、細胞分裂が促進されるので
体毛が増加するのです。

 

 

 

頭髪のみに作用するのであれば
よいのですが、余計なところにまで
作用するので、厄介な薬でもあります。

 

 

使用上には十分注意が必要です。

 

 

 

>>ディオーネの詳細はコチラ

 

 

 

>>絶縁針脱毛のページに進む