ミュゼエクスプレス

今後の命運を握るミュゼエクスプレス

ミュゼエクスプレスとは?

2015年より導入されたミュゼが独自に開発した脱毛マシンである
ミュゼエクスプレスってどんなマシンなんでしょうか?

 

ミュゼエクスプレスの特徴

  • マシンの照射スピードが今までの5倍
  • 脱毛の所要時間が半分に大幅短縮
  • 冷え冷えのジェルから常温のジェルに
  • ジェルの改良により美肌効果がアップ

 

 

時間がかかるのがデメリットでした。

 

全身脱毛をするのに、2ヶ月に4回通ってやっと全身脱毛1回が
完了というものでしたから。

 

 

続々と全身脱毛が1日で完了するサロンが登場する中で、
時間の大幅短縮は大きな課題となったのでしょうね。

 

他社からマシンを購入していた分、経営にも負担がかかっていたので、
長い目でみて、自社のマシンを開発することに踏み切ったのだと思います。

 

 

自社開発となると、それなりの費用も必要となりますし、
ここに来て、広告費が痛手となり、任意整理にまで追い込まれたわけですが・・・

 

 

ミュゼエクスプレスはSSC脱毛らしい

ミュゼエクスプレスが導入されたのを知って、
SSC脱毛ではなく光脱毛なんだと思っていました。

 

ミュゼに電話して訊いてみると、SSC脱毛なんだそうです。
時間は短縮されたけど、同じSSC脱毛で効果は同じと言われていました。

 

SSC脱毛自体、開発元のDEKA社が商標登録しています。

 

ミュゼはミュゼエクスプレスはオリジナルのマシンだと言っているので、
SSC脱毛は謳ってはいけないのではと思いますが・・・

 

共同開発ならいいと思うのですけど・・・

 

 

脱毛ラボは以前よりPSクリプトンですが、どうやら、照射スピードが
5倍のスピードになり、全身脱毛も90分で終わるようになったみたいです。

 

なんだか、ミュゼのマシンと似ていますね。

 

ミュゼもSSC脱毛だとゆっているので、ひょっとしたら同じマシンなのでは?

 

オリジナルで開発したんでしょうか?

 

 

ミュゼの戦略

現在、一部プランは除いて、脱毛料金50%オフというキャンペーンを展開しています。

 

 

つまり、こういうことなんだと思います。

 

 

2015年の倒産騒動で、解約者が相次ぎ利益が激減

 

 

手っ取り早く契約を増やすなら、料金を下げるが先決

 

 

ミュゼエクスプレスで所要時間が半分になったから客を2倍にすれば、
利益はそのまま確保できる

 

 

ってことなんだと思います。

 

 

安くなることで、予約がまた、取りづらくなるということ予測ができますねけどね。

 

 

このことにより価格競争が起こると思います。他の脱毛サロンも、
負けじと料金を安くしようとするのではないでしょうか?

 

 

同じ光脱毛で、所要時間が短いとなると、価格を同じレベルにまで引き下げないと、
選択肢から外されてしまいますからね。

 

 

価格競争が起こったことで売り上げが落ちたら、ディオーネも料金を
下げるかもしれませんね。

 

 

ミュゼエクスプレス実際には・・・

旧マシンとミュゼエクスプレスの両方を体感している方の口コミを読んでみると、

 

前より、抜けなくなった
前より、痛くなった

 

というのが多かったですね。

 

施術自体は早くなったのかもしれませんが、ちょっと怪しい感じがしますね。

 

 

 

 

 

 

>>TBCとエピレのページに進む