ハイパースキン脱毛 色素沈着

色素沈着部分にも照射はできる?

耳にしたこともある方も多いと
思いますが、色素沈着とは
どういったものなのでしょうか?

 

 

簡単に言うと、シミのことです。

 

 

強度の紫外線を浴びると、皮膚が
刺激されてメラニン色素が増え皮膚が
黒くなります。
これがいわゆる日焼けです。

 

 

皮膚を守るために、メラニン色素が
増えるのです。
色素沈着は、体の防衛反応なのです。

 

 

色素沈着

 

 

この日焼けも色素沈着の部類に入ります。
若いうちは、日焼けによるメラニン色素が
沈着した状態も古い角質となって剥がれ
落ちます。

 

 

しかし、年齢と共に新陳代謝が衰えると
残ってしまうことがあります。
これが加齢によるシミです。

 

 

色素沈着は、刺激から皮膚を守るために
起こる自己防衛本能によるものです。
日焼けだけではなく、摩擦などでも、
メラニンが活発化して、皮膚を守ろうと
するのです。

 

 

また、色素沈着には紫外線により自然に
できるものと、炎症を起こすことで
発症する炎症性色素沈着症というものも
あります。
そして、、炎症性色素沈着症には、
一時性のものと慢性のもがあります。

 

 

 

一時性炎症性色素沈着症

虫さされで掻いたり、ニキビ、火傷の傷が
治癒した後に皮膚に色素沈着が起こった
もののことです。
時間の経過とともに消えるのが特徴です。

 

 

慢性炎症性色素沈着症

 

慢性炎症性色素沈着症は、下記により
起こります。

 

  • アトピー性皮膚炎
  • ナイロンタオル黒皮症
  • カミソリ等によるムダ毛処理の繰り返し
  • 化粧品の副作用

 

炎症や摩擦といった刺激を繰り返し
与えると、その度に皮膚の色素細胞が
活性化されます。

 

 

そして、色素沈着が慢性的になり、
消えない状態にまでになります。
これが、慢性炎症性色素沈着症です。

 

 

慢性化すると、治療も必要になり、
完治までに時間もかかります。

 

 

 

色素沈着肌の脱毛

 

従来の医療レーザー脱毛や、IPL(光)
脱毛だと色素沈着を起こした肌は
メラニンが活発化していて、光が
反応しやすい状態です。

 

 

照射すると光がメラニンに反応して、
メラニンに光が吸収されて、
毛に十分に行き渡らなかったりします。

 

また、火傷のリスクも高くなります。

 

色素沈着の症状によっては脱毛を
お断りされることもあります。

 

 

 

しかし、ハイパースキン脱毛であれば、
色素沈着をした肌でも、問題なく
脱毛が可能です。

 

 

ハイパースキン脱毛は、メラニンとは
無関係な脱毛法だからです。
重度の色素沈着であっても、大丈夫です。

 

 

ハイパースキン脱毛を繰り返すことで
色素沈着のクロズミが解消していった例も
あるのだそうです

 

 

 

ハイパースキン脱毛であれば、
ムダ毛の自己処理などで色素沈着を
起こしている方も悪化させたり、火傷を
負うことなく脱毛ができるのです。

 

 

 

 

 

AFタグ

 

 

 

>>そばかすがあっても顔脱毛できる?のページに進む