ハイパースキン脱毛と敏感肌

敏感肌でも顔脱毛はできる?

敏感肌でもハイパースキン脱毛はできるのでしょうか?

 

 

答えは、
ハイパースキン脱毛であれば敏感肌の方でも問題なくできます。

 

 

よく聞く敏感肌とは、どのような肌のことなのでしょうか?

 

 

人の体はは皮膚で全身が覆われ、その上を角質層が覆い、
さらに皮脂膜が角質層を覆っています。

 

 

角質層は幾重にも重なる角質細胞で形成されていて、
角質細胞間は細胞間脂質で充たされており
、体内から水分が蒸発するのを防いでいます。

 

 

皮脂膜は、皮膚を弱酸性に保つことで、微生物や
アレルギーの原因となる物質などの異物の体内への侵入を
防いでいます。

 

 

 

皮脂膜と角質層が何らかの原因で機能しなくなり、
ちょっとした刺激でも、痛みを感じたり、肌荒れが起こる状態の肌を
敏感肌と言います。

 

 

例えば、化粧品を使うとヒリヒリして、湿疹ができたりする肌。

 

こういうのも敏感肌です。

 

敏感肌には後天的敏感肌と、
遺伝による先天的敏感肌とがあります。

 

 

先天的敏感肌とはアトピー性皮膚炎のことです。

 

このページでは後天性敏感肌について述べます。

 

 

 

後天性敏感肌が起こる原因

 

後天的敏感肌は、生活習慣が原因で起こります。

 

 

敏感肌

 

 

次の習慣がある方は、肌を最前線で守っている皮脂膜や、
角質層を落としてしまっているために、敏感肌となっているかもしれません。

 

即やめましょう。

 

 

後天的敏感肌を引き起こす生活習慣

  1. 高アルカリ性の化粧品を使用している。
  2.  

  3. スクラブ入り洗顔料を使用している。
  4.  

  5. タンパク質分解酵素入りの化粧品や

    洗顔料を使用している。

  6.  

  7. 脱脂力の強力な化粧品、洗顔料を

    使用している。

  8.  

  9. ティッシュなどで肌をこすっている。
  10.  

  11. 朝晩以外にも過剰に洗顔をしている。
  12.  

  13. マッサージや垢擦りをよくやっている。
  14.  

  15. カミソリによるムダ毛処理を繰り返す行為。
  16.  

  17. 日焼けサロンや日光による長時間の日焼け
  18.  

  19. 長時間エアコンが効いた乾燥した部屋にいる
  20.  

  21. ダイエットによる、過激な食事制限

 

上記1から10は皮脂膜や角質層を破壊する行為です。

 

11は、皮脂膜や角質層でバリア機能として働くリノール酸
不足してしまう行為です。

 

 

リノール酸は体内では作られないので、食事から摂取する必要があります。

 

リノール酸はひまわり油や大豆油、ごま油等の植物性の油に
豊富に含まれています。

 

 

敏感肌でもハイパースキン脱毛だとできる理由

 

なぜハイパースキン脱毛が、敏感肌でも問題なくできる
のでしょうか?

 

 

敏感肌でも脱毛できる理由

  • 高温を発っしない脱毛で水分の蒸発もなく肌への

    ダメージがない。

  •  

  • フォト美顔効果のある光でコラーゲンの生成が促進され

    肌再生の効果がある。

  •  

  • 脱毛時に塗るジェルにヒアルロン酸やコラーゲンが

    たっぷり含まれている。

 

 

敏感肌で顔のムダ毛が気になる方は、痛くないハイパースキン脱毛が
オススメです。

 

しかし、敏感肌の原因についても考え、改善していくことも大事です。

 

 

 

 

AFタグ

 

 

 

>>顔脱毛はニキビができていてもできる?のページに進む