ヒゲ剃り一生分のコスト

ヒゲ剃り一生分のコスト

男性でヒゲを電気シェーバーやカミソリを
使用して自己処理している方が大半だと
思います。

 

そこで、ヒゲ剃りにかかる一生分のコスト
について考えてみたいと思います。

 

 

ヒゲの剃り方としてはドライ剃り
ウェット剃りとがあります。

 

 

ドライ剃りは、電気シェーバーのみで
肌が乾いた状態で剃ることです。

 

 

ウェット剃りとは、水やシェービング
フォームを使用して、洗顔も兼ねて、
カミソリで剃る方法のことです。

 

 

この2つで18歳から80歳までヒゲ剃りを
毎日行った時の一生分のコストと
イセアクリニックでヒゲ全体をゴリラ脱毛
した時とを比較してみます。

 

 

ドライ剃りの条件

電気シェバー 12,000円 5年に一度交換
内刃,外刃 5000円 2年に一度交換

 

 

ウェット剃りの条件

使い捨てカミソリ 1本 14円 
シェビングフォーム 1缶 400円 月2本使用

 

 

 

コスト比較

ヒゲ処理法

コスト

ドライ剃り ¥311,000
ウェット剃り ¥926,730

医療レーザー
※イセアクリニック

¥168,000


※医療レーザー脱毛は個人差があります。

 

 

なんと、ウェット剃りに関しては、
90万以上にも及びます!!
シェービングフォームはたったの400円と
思っていたら、一生にすると60万もかかって
しまうのには驚きです。

 

 

ビックリなヒゲ剃りコスト

 

 

最近では、電気シェーバーも防水仕様で
シェービングフォームなどと一緒に使える
ウェット剃りが可能なタイプも販売されて
います。
このタイプだと電気シェーバー自体も
高額になり、シェービングフォーム代も
かかるので、カミソリの場合よりも、
はるかにコストは高くなります。

 

 

 

男性のヒゲの脱毛は、めちゃくちゃ
痛いといいます。
しかし、自己処理二つとコストを比べると
かなりお得です。

 

 

特に ヒゲの濃い人は、見た目の問題も
クリアしますし、煩わしいヒゲ剃りタイム
ともおさらばできるのは大きいと思います。

 

 

 

医療レーザー脱毛も永久ではないので
また、生えてくる可能性も十分あるので
その辺りもよく考えるとよいでしょう。

 

 

 

>>ヒゲが濃い人と薄い人の違いのページに進む